SNSヘッダーサイズ一覧 2020

情報発信
主なSNSヘッダーサイズタイトルイラスト

主要SNSのヘッダー画像・カバー画像のサイズ一覧です。ヘッダー画像・カバー画像は写真やテキスト、イラストなど編集することが多いですね。同じ画像データが流用できる場合と、そうでない場合がありますが、縦横比を見ると一目瞭然。各SNSのヘッダー画像・カバー画像の作成の際に参考にしてみてください。

住宅地など背景イラスト

説明イラスト

住宅周辺のイラスト・生活空間イラストの作成に関して。 メインとなる人物がいないイラストでは、「どれくらいアップで描くか」「どれくらいひいて(広角で)描くか」、クライアント様との打ち合わせできちんと共有しておきたい点です。 […]

情報発信にキャラクターを使いたいと思ったら

情報発信

「(商品サービス紹介に)キャラクターを作ろう」と思ったら。有名キャラクターのような、キャラ立ちしたものを創り出すのは競争が困難です。スターキャラクターを作るのではなく、もっと普段着のように着心地の良い、使いやすいキャラクターについて。

伝え方で変わる、わかりやすさ

情報発信

「わかりやすい説明」に必要な伝え方について。伝え手が意識すべき「共感」とはなんでしょうか。「正確に伝える」ことに集中するとどうして伝わらないのでしょう。説明という創造的な作業について。

「7つ記憶できる」「いや4つまで」

情報発信

わかりやすく説明するための方法のひとつ、マジックナンバー7。しかし、現在は「4つまでにしぼる」が定説です。 人は多くの情報を把握することができませんが、4つまで覚えられるそうです。イラストを使った分かりやすい表現に取り入れると、より優しい説明となります。

イラスト表現の例

説明イラスト

イラストの使い方「キーワードのイラスト化」「人物イラストの会話」「カテゴリーをイラスト化」についてのご紹介です。同じイラストを再利用するヒントも。

「コミュニケーションから見るきき脳」という講座の感想

右脳左脳

右脳と左脳はそれぞれ役割が異なる、というのは有名な話です。そこでさらに別の視点をくわえると、新たな自分の側面が見つかるかもしれません。自分が持っている価値観・仕事仲間の持っている価値観はなかなか言葉にできないものですが、これらが分析できた時、仲間とのコミュニケーションの在り方が変わってくるかもしれません。

私たちの成長とともにある記号的イラストと、写実イラスト。

イラスト タッチ

「共有イメージを描く」記号的イラストと、「そのまま描く」写実イラストの違いと使われ方。あなたが生まれて初めて描いたイラストはどんなものだったでしょうか。そして今、絵を描くことが苦手だと思っているとしたら、そのきっかけは何でしょうか。私たちの成長過程で関わる記号的イラストと写実イラストとは。

ページの先頭へ